ホーム > 国立がん研究センターの肺がんの本

国立がん研究センターの肺がんの本

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国立がん研究センターの肺がんの本

治癒の難しい肺がんにも期待できる治療法が

著者 渡辺 俊一
大江 裕一郎
伊丹 純
シリーズ 小学館クリエイティブ単行本
国立がん研究センターのがんの本
ジャンル 実用
出版年月日 2018/06/22
ISBN 9784778037949
判型・ページ数 A5・168ページ
定価 1,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

肺がんは罹患率に比べて、死亡率の高いがんですが、最近では手術や放射線、抗がん剤などを組み合わせることで治療効果を上げています。

 本書では、肺がんの診断から治療・療養について解説し、治療法によるメリット、デメリットを正しく理解して、自分に合った治療方針を選択する際の助けとなります。

 また、新しい分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬の効果と副作用についても詳しく紹介しています。

このページのトップへ

関連書籍

国立がん研究センターの肝・胆・膵がんの本

国立がん研究センターの肝・胆・膵がんの本

肝がん・胆道がん・膵がんの情報が1冊に

 
国立がん研究センターの乳がんの本

国立がん研究センターの乳がんの本

乳がん治療の最新情報を詳しく解説

 
 
国立がん研究センターの大腸がんの本

国立がん研究センターの大腸がんの本

手術や抗がん剤治療、治療後の療養まで

 
国立がん研究センターの胃がんの本

国立がん研究センターの胃がんの本

日本一確かな胃がんの治療・療養情報

著者:片井 均
朴 成和
 
 
国立がん研究センターのこころと苦痛の本

国立がん研究センターのこころと苦痛の本

がんと生きるための、心と体の苦痛のケア

 
国立がん研究センターのがんとお金の本

国立がん研究センターのがんとお金の本

がん、治療費はどれくらいかかるの?

 
 

このページのトップへ