ホーム > 国立がん研究センターの乳がんの本

国立がん研究センターの乳がんの本

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国立がん研究センターの乳がんの本

乳がん治療の最新情報を詳しく解説

著者 木下 貴之
田村 研治
清水 千佳子
シリーズ 小学館クリエイティブ単行本
国立がん研究センターのがんの本
ジャンル 実用
出版年月日 2018/06/22
ISBN 9784778037932
判型・ページ数 A5・168ページ
定価 1,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

女性の11人に1人がかかる乳がん。

乳がんは他のがんに比べて発症する年齢が比較的低く、40歳代でピークを迎えます。
女性のがんで最も患者数が多いがんではありますが、早期に発見されるケースが多く、死亡率はそれほど高くないのが特徴です。

治療法の進歩はめざましく、からだへの負担が小さい手術や、外見の変化が少ない再建方法、新しい分子標的薬などが次々に現れています。
その一方で、インターネット上ではさまざまな情報があり、何を信じればよいのかわからなくなっている方も多くいます。

本書では、国立がん研究センター中央病院の先生方の監修のもと、読者の方が知りたいことについて丁寧に解説します。

このページのトップへ

関連書籍

国立がん研究センターの胃がんの本

国立がん研究センターの胃がんの本

日本一確かな胃がんの治療・療養情報

著者:片井 均
朴 成和
 
国立がん研究センターの大腸がんの本

国立がん研究センターの大腸がんの本

手術や抗がん剤治療、治療後の療養まで

 
 
国立がん研究センターの肺がんの本

国立がん研究センターの肺がんの本

治癒の難しい肺がんにも期待できる治療法が

 
国立がん研究センターの肝・胆・膵がんの本

国立がん研究センターの肝・胆・膵がんの本

肝がん・胆道がん・膵がんの情報が1冊に

 
 
国立がん研究センターのこころと苦痛の本

国立がん研究センターのこころと苦痛の本

がんと生きるための、心と体の苦痛のケア

 
国立がん研究センターのがんとお金の本

国立がん研究センターのがんとお金の本

がん、治療費はどれくらいかかるの?

 
 

このページのトップへ