ホーム > 国立がん研究センターのがんとお金の本

国立がん研究センターのがんとお金の本  新刊

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国立がん研究センターのがんとお金の本

がんになると思う「治療費はどれくらいかかるの?」

著者 片井 均
大江 裕一郎
若尾 文彦
シリーズ 国立がん研究センターのがんの本
ジャンル 実用
出版年月日 2016/11/24
ISBN 9784778037895
判型・ページ数 A5・160ページ
定価 1,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

がんになると誰もが不安に思うのが「治療費はどれくらいかかるのか?」という事です。本書では、五大がんの検査や治療にかかる費用と、負担軽減のために使える公的制度を、具体的な事例をまじえて詳しく紹介します。

社会の長寿化が進み、2人に1人が、一生のうちに何らかのがんにかかる時代になりました。がん検診によって早期発見が可能になり、「がん=死の病」ではなくなりましたが、その一方で治療期間が長くなったり、高価な薬や治療法が登場したりすることで、経済的な負担を気にかける患者さんも多くいます。現役で働いている社会人ががんにかかった場合、仕事をしながら治療を続けられるのかどうかも大きな問題です。

自分自身、あるいは家族ががん患者である方向けに、五大がん(胃がん、大腸がん、肺がん、肝がん、乳がん)の検査と治療について解説し、具体的な費用を例示します。

また、医療負担を軽くする高額療養費制度医療費控除、収入の不安に対する傷病手当金雇用保険の制度、身体に障害が生じた際の助成制度など、経済的な不安を軽減するためのさまざまな制度を易しく解説します。

がんに関する知識だけでなく、治療費の算出や公的制度に関しても、国立がん研究センター中央病院の先生方の監修をいただいております。今までありそうでなかった「がんとお金にまつわるすべてのことが、この1冊でわかる」本です。

このページのトップへ