ホーム > 国立がん研究センターの胃がんの本

国立がん研究センターの胃がんの本  新刊

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国立がん研究センターの胃がんの本

日本一確かな胃がんの治療・療養情報

著者 片井 均
朴 成和
シリーズ 小学館クリエイティブ単行本
国立がん研究センターのがんの本
ジャンル 実用
出版年月日 2018/06/22
ISBN 9784778037918
判型・ページ数 A5・184ページ
定価 1,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

胃がんの罹患率はいまだに高いままです。
ただし、早期に発見できれば、ほとんど治癒するとされます。

 2018年の胃癌治療ガイドラインに基づき、病期の診断から治療の選択に至る流れを図表を用いてわかりやすく解説するとともに、早期がんに対する内視鏡治療、胃を摘出する外科手術、再発・転移がんの抗がん剤治療の解説、さらにピロリ菌の除菌治療や術後の感染症対策・食生活の注意まで、詳しく解説しています。

このページのトップへ

関連書籍

国立がん研究センターの大腸がんの本

国立がん研究センターの大腸がんの本

手術や抗がん剤治療、治療後の療養まで

 
国立がん研究センターの乳がんの本

国立がん研究センターの乳がんの本

乳がん治療の最新情報を詳しく解説

 
 
国立がん研究センターの肺がんの本

国立がん研究センターの肺がんの本

治癒の難しい肺がんにも期待できる治療法が

 
国立がん研究センターの肝・胆・膵がんの本

国立がん研究センターの肝・胆・膵がんの本

肝がん・胆道がん・膵がんの情報が1冊に

 
 
国立がん研究センターのこころと苦痛の本

国立がん研究センターのこころと苦痛の本

がんと生きるための、心と体の苦痛のケア

 
国立がん研究センターのがんとお金の本

国立がん研究センターのがんとお金の本

がん、治療費はどれくらいかかるの?

 
 

このページのトップへ