他人が笑おうが笑うまいが、自分の歌を歌えばいいんだよ。

一級の表現者たちが本音で語る創造の舞台裏

ご注文

1,650円(税込)

著者 平野 暁臣
ジャンル 一般
シリーズ Play Taro
出版年月日 2019/12/06
ISBN 9784778036201
判型・ページ数 B5変・192ページ
定価 1,650円(税込)
内容紹介

2015年にスタートした【Play Taro】(http://playtaro.com/)は、公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団が運営するキュレーションサイト。

「TAROと遊ぶ」をテーマに多彩なコンテンツを送り出し、若い世代に人気を博している。

メインコンテンツのひとつが、さまざまな分野で活躍する第一線のクリエイターと岡本太郎記念館館長・平野暁臣による対談記事。

対談相手はアーティスト、デザイナー、建築家からラッパーや芸人までとじつに幅広い。

本書は4年におよぶアーカイブの中から12本の対談を選び、読みやすく1冊の本にまとめたもの。

クリエイティブに生きることを志す若者たちに向けてメッセージを送り出すとのコンセプトの下、現代日本の一線を走る表現者たちが、自身の経験から「いかにして自己を確立したか」を語る。

彼らの肉声は、「創造的に生きるということ」を考える大きなヒントに満ちている。

狂おしいほど自分の表現を世に出したいと思った人、やむにやまれず一歩前へと出た人、世間という戦場に出たきっかけは人それぞれだ。

クリエイターを目指す若い人の背中をやさしく押し、彼らが評価される対象として世に出ていくきっかけとなり得る内容になっている。



【対談者】※掲載順
樋口真嗣(映画監督) 
いとうせいこう(作家/クリエイター)
藤本壮介(建築家)
倉本美津留(放送作家)
Red Spider (セレクター/MC)
佐藤卓(グラフィックデザイナー)
片倉真由子(ジャズピアニスト)
市原ひかり(ジャズトランペッター)
片桐仁(俳優/彫刻家)
舘鼻則孝(アーティスト/デザイナー)
宮脇修一(海洋堂代表)
ダースレイダー(ラッパー) 
あいみょん(シンガーソングライター)

他人が笑おうが笑うまいが、自分の歌を歌えばいいんだよ。

この本に関するお問い合わせ・感想

Sbook下部
小学館クリエイティブnote
アイプロ