ホーム > 国立がん研究センターのがんの本 胃がん 治療・検査・療養

国立がん研究センターのがんの本 胃がん 治療・検査・療養

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容説明

がんの罹患率1位となる胃がんは、早期では治癒率の高いものだが、再発では治療の難しいがんとなる。早期の内視鏡治療から胃全摘出手術、抗がん剤治療まで、全国標準となる治療や検査について国立がんセンターがくわしく解説。また、術後の生活、胃を摘出した人の食生活の注意や料理の工夫も症例やQ&Aを交えて説明する。

このページのトップへ