ホーム > 蝮の舌

蝮の舌

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
蝮の舌

愛と性を描き、絆を描く「団鬼六賞」大賞受賞作

著者 うかみ 綾乃
シリーズ 小学館クリエイティブ単行本
ジャンル 小説
出版年月日 2012/07/24
ISBN 9784778037482
判型・ページ数 4-6・288ページ
定価 1,286円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

この森にはね、蝮が出るのよ。誰も入っちゃいけないのよ――。

伝統ある生田流箏の家に生まれ育った姉妹、田宮京香と清香。姉の婚約者に一途な想いを寄せる妹の心は、二人の結婚を目前に苦しみに満ちていた。

いっぽう、四年に一度の盛大な祭事〈蝮をどり〉の準備が進むなか、箏の世界で権力を握ろうとする二人の男が、姉妹を陥れようと陰謀を企てていた。

邪悪な謀事によって、封印していた過去が蘇り、本来の激情が剥き出しになっていく姉。姉への嫉妬心から、自ら暗い罠に堕ちていく妹。

そして、この姉妹を幼い頃から見守りつづけてきた使用人の政巳は、〈蝮をどり〉当日の夜、蝮の棲む聖なる森への入口を開く――。

第二回「団鬼六賞」大賞受賞作品。

このページのトップへ